宇宙天気ニュース

Supported by KNCT  
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。

宇宙天気情報BOX

Y. Obana
最新状況 (17:11)
太陽フレアは静かです。
太陽風は速度、南向き磁場ともに静かです。
磁気圏は静かです。
太陽放射線と放射線帯電子はともに静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
5/27 --- ---
5/26 --- ---
5/25 --- ---

黒点  5/27 (NOAA)
磁場 フレア
2546 1 α C1
2548 9 β C1

太陽風 (ACE)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
17:07 413 +2.8
-2 h 414 +1.6
-4 h 374 -2.7
-6 h 369 -5.4
-8 h 351 -2.5
-10 h 361 +2.6
-12 h 362 +0.1

磁気圏 (NICT)
時刻
JST
環電流
nT
沖縄擾乱
nT
17:30 -2 -/ -
-2 h -4 -/ -
-4 h -1 -/ -
-6 h 2 -/ -
-8 h 9 -/ -
-10 h 4 -/ -
-12 h -1 -/ -

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.1 4x10^1
5/27 0.3 2x10^3
5/26 0.4 1x10^3
5/25 0.3 1x10^3
5/24 0.4 1x10^3
5/23 0.4 1x10^3

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期短期 (swnews)
黒点動画 (SDO)
X線5分1分 (GOES)
X線写真動画 (GOES)
SolarMonitor (TCD)
Latest Events (SolarSoft)
AIA193動画 (SDO)
AIA304動画 (SDO)
AIA131動画 (SDO)
EIT195 (SOHO)
EIT284 (SOHO)
LASCO C2 (SOHO)
LASCO C3 (SOHO)
STEREO (STEREO)
太陽風 1日 (ACE)
太陽風 7日 (ACE)
セクター構造 (NICT)
太陽放射線 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
衛星電子 (GOES)
衛星環境 (GOES)
衛星電子予測 (JAXA)
Dst予測 (NICT)
AE指数 (NICT)
AE指数 (京都大学)
Dst (京都大学)
地上磁場 (NICT)
シベリア磁場 (NICT)
Live!オーロラ (遊造)
昭和基地カメラ (NIPR)
TromsoLongyear...
Alaska (SALMON)
Canada (CSA)

情報ページ
宇宙天気用語集
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター
Space Weather Prediction Center
 [ 図のみ ] [速報メール ] [ 読者写真集 ] [Twitter ] [特別記事 ] [about ]

これまでの経過 (過去のニュースの 閲覧全リスト)
2016/ 5/22 13:09 高速の太陽風が到来し、速度は600km/秒に達しています。
2016/ 5/23 14:24 高速の太陽風は続いていますが、速度は下がり始めています。
2016/ 5/24 11:27 太陽風は平均的な速度に下がりました。太陽は穏やかです。
2016/ 5/25 12:30 太陽風は平均的な状態が続き、磁気圏も静穏です。
2016/ 5/26 12:58 太陽風の速度が下がり、低速風になっています。

2016/ 5/27 13:32 更新
太陽風の磁場がやや強まっています。速度はやや低速です。

担当 篠原

太陽風の磁場がやや強まっています。
昨日は、5nTと平均的な値でしたが、
今朝よりやや強まって、9nTくらいまで高まっています。
速度は、350km/秒から380km/秒へ少し変化した程度で、
やや低速の状態です。

27日周期の図を見ると、太陽風磁場の大まかな方向が切り替わる、
セクター境界がやって来たようで
(セクターのグラフが、「A」から「T」へ変化しています)、
磁場の強まりはそれに伴う変化のようです。

この変化に伴って、磁場の南北成分が南向きに強まり、
-5nT前後まで振れています。
磁気圏の活動もやや高まり、
AE指数は500nTに達する中規模の変化になっています。

この頃の、南極・昭和基地のオーロラを全天カメラの動画で紹介します。
およそ3週間ぶりの登場です。

27日周期の図では、
前周期もほぼ同じタイミングでセクターの切り替わりが発生しています。
次の注目は、コロナホールによる太陽風速度の高まりです。


太陽では、北西(右上)の2548群と西の端に沈んだ2546群で、
ほぼ同時にC1の小さいフレアが発生していますが、
全体としては穏やかです。



南極の昭和基地で、世界時27日1時頃に撮影されたオーロラ。
(c) 国立極地研究所、(動画加工 : 宇宙天気ニュース)


SDO衛星のAIA193カメラによる太陽コロナの様子
(c) SDO (NASA)



SDO衛星による太陽の可視光写真。マウスの矢印を写真に重ねると、黒点番号付きの写真に切り替わります。
(c) SDO (NASA)



ACEが観測した太陽風の磁場(1番上の枠、白線は全体の強度、赤線は南北成分)
および、太陽風の密度(3番目の橙線)、速度(4番目の黄線)
(c) NOAA/SWPC



リアルタイムAE指数
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学, NICT



27日の太陽周期に合わせたデータプロット
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) 作図:宇宙天気ニュース
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
Bx (nT)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
Bx (nT)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
GOES衛星の太陽X線データ
(c) NOAA/SWPC




  宇宙天気ニュースは、
  鹿児島工業高等専門学校にWebサーバを設置しています。

このニュースについて、コメントなどがありましたら、
篠原 学( shino@kagoshima-ct.ac.jp )宛てお知らせ下さい。