宇宙天気ニュース (これは過去のニュースです)

Supported by NIT, Kagoshima College  
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。

ニュース発行時の
宇宙天気概況

Y. Obana
最新状況 (10:20)
昨日、C2.1の小規模フレアが発生しています。
太陽風の速度がやや高くなっています。
磁気圏は静かです。
放射線帯電子がやや強くなっています。太陽放射線は静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
8/13 --- ---
8/12 19:08 C2.1
8/11 --- ---

黒点  8/13 (NOAA)
磁場 フレア
3071 1 α ---
3074 1 α ---
3076 8 β C1
3077 4 β C2
3078 3 β ---
3079 8 β C1
3080 2 β ---

太陽風 (DSCOVR)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
10:15 547 +0.7
-2 h 547 +0.7
-4 h 551 +1.7
-6 h 552 +1.7
-8 h 553 -0.1
-10 h 564 -0.3
-12 h 568 -0.7

磁気圏 (京大)
時刻
JST
Dst
nT
 
nT
09:30 -18 -/ -
-2 h -19 -/ -
-4 h -21 -/ -
-6 h -21 -/ -
-8 h -20 -/ -
-10 h -27 -/ -
-12 h -29 -/ -

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.3 7x10^3
8/13 0.5 8x10^3
8/12 0.5 3x10^4
8/11 0.5 2x10^4
8/10 0.5 2x10^4
8/ 9 0.6 1x10^4

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期短期
太陽写真 (swnews)
黒点動画 (SDO)
X線3日1日 (GOES)
SolarMonitor (TCD)
Latest Events (SolarSoft)
AIA193動画 (SDO)
AIA304動画 (SDO)
AIA131動画 (SDO)
SUVI195 (GOES)
SUVI131 (GOES)
LASCO (SOHO)
STEREO (STEREO)
太陽風 1日 (DSCOVR)
太陽風 7日 (DSCOVR)
ACE1日7日 (ACE)
衛星電子 (GOES)
衛星陽子 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
AE指数 (京都大学)
Dst (京都大学)
K指数 (NOAA)
地上磁場 (NICT)
Live!オーロラ (遊造)
昭和基地カメラ (NIPR)
TromsoLongyear...
Canada (CSA)

情報ページ
宇宙天気用語集
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター
Space Weather Prediction Center
これまでの経過 (過去のニュースの 閲覧全リスト)
2022/ 8/ 8 12:36 太陽コロナの立体視画像を作りました。太陽風は高速になっています。
2022/ 8/ 9 12:31 高速の太陽風が続いています。磁気圏活動の高まりは落ち着きそうです。
2022/ 8/10 12:52 高速太陽風が続いています。磁気圏も活動的です。太陽立体視画像その2をどうぞ。
2022/ 8/11 10:06 太陽風は高速の状態が続いています。
2022/ 8/12 10:47 550km/秒の高速太陽風が続いています。磁場が南向きになり磁気圏活動が強まりました。
最新のニュース

2022/ 8/13 10:20 更新
太陽でC1〜2のフレアが発生しています。太陽風は高速の状態が続いています。

担当 篠原

昨夕から夜にかけて、
太陽の北東の端(左上)でプロミネンスの噴出が発生しました。
きれいに見えていたので、
GOES衛星SUVI 304の動画を掲載します。
地球への影響はありません。

太陽では、中心部北側の3076黒点群と、
昨日から見え始めた
中心部南側の3079黒点群の活動が少し高まっていて、
C1台の小規模フレアが5回と、
その他にも小さい活動が頻繁に発生しています。
特に3079群は、これからどのように変化するか注目して下さい。

1日間のフレアとしては、
3077群で発生したC2.1の小規模フレアが最大です。

太陽では、あちこちで新しい黒点が出現しています。
フレアの発生も増えるでしょうか。


太陽風は、550km/秒の高速の風が続いています。
8日に始まった高速風は、6日目に入っています。
SDO衛星AIA193では、
コロナホールは西の端に達しています。
太陽風速度の高まりはどこまで続くでしょうか。

太陽風の磁場強度は、4nTに下がっています。
南北成分は、途中で南を向いた以外は、
0nT付近か北向きの傾向です。
このため、AE指数も途中に700nTの中規模の変化がありますが、
その他では変化は小さく、現在の磁気圏は穏やかです。

SDO衛星AIA193の太陽コロナ写真では、
東側(左側)に ">" の様に縦に伸びるコロナホールが見えています。
前の周期の画像と比べると(2枚目の写真)、
2周期前(54日前)は、南北に小さい広がりがあるだけでしたが、
1周期前(27日前)には、縦に広がりが大きくなり、
今回、赤道でしっかり繋がった様に見えています。

27日周期の図を見ると、
前周期は7月22日に太陽風速度の高まりが始まっています。
これを現在のグラフに対応させると、8月18日に相当しますが、
実際にはどの様な変化になるでしょうか。


放射線帯の高エネルギー電子は、
今日は少し下がっていて、どちらのグラフも1万を割っています。




太陽の北東の端で発生したプロミネンス噴出。GOES衛星SUVI 304。
(c) GOES (NOAA)、(動画加工 : 宇宙天気ニュース)


2周期前(54日前)、1周期前(27日前)、現在のコロナホールの様子。SDO衛星AIA193。
(c) SDO (NASA)、作図:宇宙天気ニュース


SDO衛星のAIA193カメラによる太陽コロナの様子
(c) SDO (NASA)



SDO衛星による太陽の可視光写真。マウスの矢印を写真に重ねると、黒点番号付きの写真に切り替わります。
(c) SDO (NASA)



GOES衛星の太陽X線強度。赤・橙 = 0.1〜0.8 nm、青・紫 = 0.05〜0.4 nm
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース



DSCOVRが観測した太陽風の磁場(黒線は全体の強度、赤線は南北成分)
磁場の向き、プラズマの密度、速度、温度
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース



AE指数(速報値)
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学WDC




27日の太陽周期に合わせた図
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) 作図:宇宙天気ニュース
コロナ
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
磁場 Bz,Bt
nT
Dst
nT
磁場短期変動
nT
イプシロン
MW
GOES 電子
/cm^2 s sr
GOES 陽子
/cm^2 s sr

コロナ
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
磁場 Bz,Bt
nT
Dst
nT
磁場短期変動
nT
イプシロン
MW
GOES 電子
/cm^2 s sr
GOES 陽子
/cm^2 s sr



GOES衛星による、静止衛星軌道における高エネルギー電子 ( 2 MeV 以上 ) の変化
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース




  宇宙天気ニュースは、
  鹿児島工業高等専門学校にWebサーバを設置しています。

このニュースについて、コメントなどがありましたら、
篠原 学( shino@kagoshima-ct.ac.jp )宛てお知らせ下さい。